オレログ

基本的に僕が日々感じたことを書きます。あとは野球についても少々

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩踏み出す勇気 07/24

知り合いのブログ見てて思ったことです。





僕自身はいじめというものとは全く無縁な世界に生きてきた。



だからいじめについてどうこう言える立場でもないけど、いじめってのは、いじめられてる人の行動次第で収まると思うんだよね。



だいたい、性格的に控え目な人がいじめられるんじゃない?
ガンガン発言する人や、言いたい事をはっきり言う人は、あまりいじめられてないような気がする。


だから、勇気だして、言いたい事を全部ぶちまけてしまえばいいんじゃないかな。







そしてもう一つ、人間関係について。


これはもう、明らかに最初が肝心。
最初で全てが決まる。



そして、一度壊れると、修復するのは相当難しいね。




僕は中高と一貫教育だった。



だから、中学の時にある程度の人間関係を築いておけばそれで良かったわけ。
どうせ高校も同じメンツなわけだし。




で、中学入学の時は、小学校のノリで誰かれ構わず話しかけてすぐ仲良くなれた。



こーゆーのって、子供の方が上手だよね。



幼稚園とか小学校低学年の子とかって、全然知らない人の中に放り込まれても、すぐに仲良くなってるしさ。







問題は大学に入ってからだった。






高校入学時での人間関係作りを経験してないだけに、精神が成熟してからの人間関係作りが全然上手ではなかった。




まぁ、付属っていう壁があったのが一番大きいんだけどさ。

入学式の時点でほとんどグループが出来上がっている状況だもん。



それに突撃するのは、よっぽどじゃないと無理だよ。




サークルやら部活やらに入れば良かったんだろうけど、そもそも一緒に見学に行く人もいないし。
それにお金もかかるから止めた。



学科単位での、懇親会や合宿でもあればよかったんだけどさ。
なぜかウチの学科だけ無いし




だから、1年のころは友達と呼べる存在はいなかった。


でも全く知り合いがいなかったわけじゃないよ。
授業一緒の人に無理やり話しかけて、試験の情報やノートの貸し借りをする知り合い自体は何人かいた。

授業が終わったらサヨウナラだけど。




休日に遊びに行くのだって、地元から一緒に上京してきた連中としか遊んでなかった。

地元の友達としか遊ばないので、交際費が全然かからない。
加えて、極度の小食なので、食費も全然かからない。

なので、仕送りだけで余裕で暮らしていけるので、バイトはめんどくさいからやってなかった。




地元からの友達がいるおかげで、休日はそこそこ楽しめてるけど、如何せん大学生活が楽しくなかった。


どうせ学校行っても特に話す人いないし、授業終わったらすぐ帰るし。


学校がつまらないので出席数もだんだん減ってくる

そのお陰で、前期の成績は最悪。
後期も多少は盛り返したが、最悪に近い。


学校に行かず、働きもせず、運動もせず、ただ遊ぶのみ。

ほとんどNEET状態だった。





何度学校を辞めようかと思ったことか。

『こんなはずじゃなかった』と何度思ったことか。



でも、その度に、快く自分を送り出してくれた両親の顔が思い浮かぶ。




『このままじゃだめだ!!』


そう思って迎えた、2年生。

ここで、僕の大学生活に転機が訪れた。




新学期のガイダンスで、あるチラシが配られた。





「求む!メディアを目指す者!」
そこにはこう書いてあった。



長くなっちゃうから詳しくは書かないけど、要は「自分たちだけでメディア団体を作っちゃおうぜー」ってこと。

これは学校の企画の一環として、発足したばかりだった。




迷わず入ることを決めた。




友達が欲しいとかじゃなくて、何か変えたかったから。
そのきっかけだと思ったから。




これを機に僕の大学生活は180°、いや、359℃変わった。




そこで同級生はもちろんのこと、同じ目標をもった先輩や後輩と知り合った。



学校に行けば、誰かしらに会えるので、学校に行くのが楽しくなった。



そして、これを軸に友達の友達的な人と、友達を通じて仲良くなり、さらに人脈が広がる。



友達と一緒に入ったゼミでも、他のゼミの人達と交流したりして、またさらに人脈が広がる。




いい流れが出来ている。



あの時、勇気出して入ったことは超ファインプレーだった。
もし入ってなければ、知り合いもほとんどいないままだろうし、ゼミにも入ってなかったかもしれない。

想像するだけでも寒気がする。





僕の場合は、運よく変えるきっかけが向こうから降ってきたけど、通常は最初に上手くいかなかったら、なかなか厳しい。




だからそれ以来、僕は初対面の人でも普通に話せるよう努力した。


今ではそこそこ初対面でも話せるようになっているため、僕が人見知り体質だった、って思う人はあまりいないのかもしれない。









結局何が言いたかったかって言うと、つまりは、いじめだろうが人付き合いだろうが、本人の意識と行動次第で絶対変われるってこと。

行動に移すのには勇気がいるし、怖いかもだけど、それをしない限りはよっぽど運が良くない限り、そのまんまだ。




今はつらいかもしれないが、逃げ出さずにがんばれ!!




クラスの中には味方はいないのかもしれないが、オレ達はいつでもキミの味方だ。

辛くなったらどんどん頼ってこいよ。









と、長くなってしまいました。
こんなことを試験勉強しながら先ほど思っていたわけです。


つーか、やべー
試験勉強殆ど進んでないや(笑)

明日試験日だから、今日気合い入れてやるかー
スポンサーサイト

いじめっていうのはホントに難しいところだよな。
いじめられる側に何の落ち度もないいじめならば、いじめる側が絶対悪だと言えるだろう。
じゃあ、いじめられる側に問題がある場合はどうだろうか?
例えばうちの部のK。こいつがどんな人間かってのはもう今更だからもう言わないけど。
こいつを無視や省る行為がいじめに当たるのだろうか?
この行為がいじめに当たるのならば、「相手をさせられる」ことによって
いじめられているは俺達である。
けどこういう場合って嫌われてる方が何故嫌われてるのかわかってないんだよな。
後者のいじめで学び取るコミュニケーション能力って絶対あると思うのだが・・・。

おれも今のサークルに入ったのはオリ平野ばりのファインプレーだった。

初対面で仲良くなるには酒の席に放り込むのが一番だと思てる。

>↑hide↓
オレもいじめる側が絶対悪だとは思ってないんだ。
語弊があるかもだけど、いじめられる側にも何かしら原因があると思う。
顔だとか、変えようのない部分が原因ならそれはいじめる側が100%悪だけど。
その原因を治せば、丸く収まる気がする

9回裏2死満塁での楽天戦のやつか?
それか、マリンスタジアムでの激突キャッチか?

酒の席ね。
酒が入ったら楽だろうけど、そこまで持っていくのがな。

激突キャッチのほうだ

7JLS3201 ←オレの学生番号

てめー、良い文章じゃねーかw
感動しちまったぜw

っつーか、ウチの大学の付属の壁は厚すぎだよなw
オレの場合、サークルに入っていたから毎日が楽しくてしょうがなかったけど、君の一年の時の心境も分かるつもり。
なんせ、サークルに入るまで心細くでしょうがなかったからねw

いじめに対するオレの思いは君が代弁してくれたから割愛。

>↑hide↓
じゃあ、マリンスタジアムでのアレか。
あれはリアルに冷や汗かいたぞ

最悪の事態も想像しちゃったし

だから、シーズン終盤でギリギリ復帰してくれた時は涙が出そうになったよ

>党員さん
なぜ学番を(´・ω・`)
自分のとだいぶ違うんですね。

ホントそうなんですよ。
まぁ、そのお陰で今の自分があるわけなんですけどね。

感動してくれてありがとうございます(`・ω・´)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bulewave.blog70.fc2.com/tb.php/338-66abd35e

 | HOME | 

プロフィール

PIKA

Author:PIKA
好きなもの:オリックス 愛内里菜 FF DQ
好きな数字:24
嫌いなもの:オレのことが嫌いなやつ全員
趣味:スポーツ(特に野球)を見ること

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。