オレログ

基本的に僕が日々感じたことを書きます。あとは野球についても少々

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンキュー、ゴッド!! 03/05

これはウソのようなホントの話です。

3/4~3/5と、高校時代の同級生6人で、大分の宝泉寺温泉に行く予定だった。

移動は7人乗りくらいのレンタカー。

免許保持者は僕含めて4人いるのだが、みんなほぼペーパー。



計画を聞いた瞬間から嫌な予感はしていた。
「電車にしよーぜ」って何度も思った。


誰かが言ってくれるだろうと思い、特にはっきりと言う事をしなかった。
今考えれば、あの時計画者に言っておけばよかった。


運転席と助手席に一人ずつ、真ん中に2人、後ろに2人という形で座る。
僕は一番後ろの左側に座っていた。


運転者は週に一度は自宅の車を運転してるという人に。
今回のメンバーでは、一番運転感覚のある人だから、まぁ、適任か。


天神の街中を危なげなく通過し、高速道路に入る。


入ってすぐは車も多く、それほどスピードが出てなかったが、鳥栖を越えたあたりから車の量が減り、スピードも上がっていく。


だんだんスピード感覚が麻痺ってきて、100㌔出てても、「これで100㌔!?」っていう感じになっていた。


140㌔近くまで出てた時もあった。



まぁ、真っ直ぐ走るだけなら別にいいんだけど、運転者は調子に乗ってきてたのか、トロトロ走ってる車をどんどん追い越していく。

何もそんなに急ぐこともなかったのに・・・


車線変更する際、高速だとハンドルはちょっと動かしてするものなのに、運転者は一般道で車線変更する感じで時々車線変更していた。

だから、横揺れもちょいちょいあった。



「どっかのインターで代わった方がいいんじゃないか?」と思ったが、そんなことより急に眠気が襲って来たので、いつの間にか寝ていた。





すると・・・






ガクン!!





強烈な横揺れで右に揺れ、目を覚ました。





ガンッ!!ガクン




今度は何かに当たったような衝撃の後、またしても強烈な横揺れで左に揺れた。





ガタン!! ガリガリガリ・・・





『オレ・・・ここで死ぬのかな・・・』





気付けば、前の座席のシートを飛び越えて、一つ前の座席と助手席の間に突っ込んでいた








『事故ったんだ・・・』





今置かれている状況が全くわからないが、それだけはわかっていた。




「みんな大丈夫か!?」


無意識に皆の安全を確認した。



・・・良かった。皆無事だ。




警察への連絡等は別の人に任せて、僕は自分の置かれている状況を整理しようと思った。



一方通行のトンネルで、対向車が来ている
ってことは、進行方向と逆向きに車が向いているのか・・・

スピンしたってこと?



そう思っていると、ズボンの左ポケットにカメラを入れているのを思い出した。







こーいったとっさの事態に冷静に対応できないで、記者なんかつとまるもんか!!




よって、不謹慎かもしれないが、写真に収めることにした。。。




P1000619.jpg


事故直後の車後部座席から

フロントガラスにヒビが入っている。
壁に当たった時に出来たのか?



トンネルの左側には安全地帯的な段差のあるスペースがある。
車から降りてそこに移動する様、命じた。

前の人から対向車の隙を見て降りていっていると、大分県警のパトカーがたくさん到着した。


P1000635.jpg




P1000640.jpg




警察の人に住所・氏名・電話番号・座っていた場所を聞かれる。



皆元気そのものだったので、まるで人事のように談笑していた。
トンネルの左側の安全地帯で。





ただ、運転手だけは別。
話しかけられるような状況ではなかった。


まぁ、無理もない。
自分が運転手でも、気が動転して話を聞けるような状態ではなかっただろうよ。




僕は特に聞かれることもないようなので、しばらく一人で現場検証の様子を記者の真似事のように、撮っていた。



P1000632.jpg

車前方



P1000624.jpg

事情聴取中



P1000643.jpg

車の様子をチェック中



P1000637.jpg

スリップ痕①


P1000641.jpg

スリップ痕②


結構距離があるな・・・
20メートルくらい滑ってるよ






そうこうしているうちに、警察官の調べによって次第に事故の様子が明らかになった。




120㌔近くでトンネルに侵入。
車が左に寄ってたので、右に少し寄せようとする。
ちょっとでいいところを、切り過ぎてしまい、右側の壁に激突。
慌てて左にハンドルを思いっきり切る。
タイヤがスリップ。
スピンしながら左側の壁にぶつかり、その反動で今度は縦に一回転。
車が360℃回転したところで、ようやくストップ。



こういうことらしい。






これを聞いて恐ろしくなった。
震えがとまらなかった。




もし後続車がいれば・・・

レンタカーの故障で、最初から左のドアが内側から開かないようになっていなかったら・・・

誰か外に放り出されていたら・・・



死人が出ててもおかしくない。
重傷者がいてもおかしくない。




最悪の事態なんて容易に想像できる。




「ここおっても息苦しいやろ。外まで連れてってあげるよ」

ふいに警察官に声をかけられた。


確かに、綺麗な空気を吸いたかった。

ので、連れて行ってもらう。



パトカーで




パトカーに乗るなんて人生初めてやわ。

乗ってる間、他の車に乗ってる人の視線が突き刺さる。


男3人がパトカーの後部座席に乗ってるんだもんな。
そりゃ見ちゃうよね。



「気にせんとき(笑)」
警察官は笑いながら言う。

そりゃそうだ。何も悪いことしてないんだから。



それはいいけど、パトカー運転してる人が140㌔出していいのか?
タクシーの運賃みたいに、速度が表示されるから、すぐ分かった

それも、車内で高速での法廷速度の話してる時に(笑)




また、こんだけの事故で誰も怪我しなかったのは奇跡だと言われた。

「一度死んだようなもんやから、それにもうすぐ社会人なんやし、これからはしっかり社会に貢献するように生きないかんよ」
とも言われた。

なんか、犯罪者に言うようなセリフだけど、心にずっしりときた。






玖珠のインター(ジャンクション?)で降ろされる。
ここでも、バスを待ってる人の冷ややかな視線を全身に浴びる。



後の3人の到着を待つ間、先に到着した3人でさっきの警察官のセリフを思い返していた。

「確かに死んでても不思議じゃないもんなー・・・」
「生きててよかった」
「生まれ変わったと思って、明日からはもっとマジメに生きよーぜ」


みたいに。


1時間後くらいに、レッカー車とともに後の3人を乗せたパトカーが到着。
そして近くの駐車場に移動。





P1000647.jpg

レッカーされる我が車



外にでて、改めて車の惨状を知る

P1000653.jpg




P1000652.jpg




P1000658.jpg



やはり右側に比べて、左側はそこまで壊れていない。
最初に右側がぶつかったからね。


で、JAFの人が来たんだけど、誰も会員に入ってない。
そこで、JAFに入ってる運転者の親御さんがこっちまで来て僕らを天神まで送り届けてくれることに。




天神に着いたのは、21時過ぎ。
事故ったのは15時くらい。



えらい時間かかった・・・




その後は、みんな普通に歩けてるし元気だけど、一応みんなで病院に。

僕は車の天井にぶつかった衝撃で、腰の辺りに腫れが見られるけど、骨にはまったく異常無しと言われた。


他のみんなも、骨に異常がなかったみたい。



そして、家まで送ってもらって帰宅。










・全員目立った怪我がなく、血が一滴も流れなかった
・後続車がかなり遠くにいた
・ちょうど、トンネルの左端に寄り添う感じで車が止まった
・ドアの故障で、外側からしか開かないようになっていた
・綺麗に一回転して、ひっくり返ったままにならなかった

まさに奇跡の連続。



どうやら僕らは悪運が強いらしい。


中学校の修学旅行でも、京都からの帰りの新幹線で地震が発生し、広島のプリンスホテルで緊急宿泊した。
ちょっとでも地震発生が早かったり、新幹線が遅れてたりしたら、脱線に飲み込まれてアウトだったらしい。



マジで、今回は死を覚悟した。

この日だけで数年分の運を使ったような気がする。




でも、生きててホント良かった。




サンキュー、ゴッド!!


スポンサーサイト

うおっ

写真まで撮ってるとは思わんかったわ
ちと間違えば全滅しててもおかしくないような事故だな...

ま、車が逝っただけで済んでなにより。

ほんと奇跡だね。
今度から無茶な運転する運転者にはこの話をして止めさせる様に!安全運転第一(`・ω・´)

生きててよかった…。
多分、これくらいの経験をしたなら、今後無謀な運転をしようとは思わないんじゃないかと思います。
今後運転する時はくれぐれも安全運転で( ´∀`)b

それにしてもその状況下で写真を撮れるなんて何と冷静な…(;・∀・)

無事でよかった、うん。無事でよかった・・・。

画像見てどこかわかってしまうが触れないでおこう。

つかホントに冷静だなぁ。現場の写真を撮影するとは。取材者精神が・・・。


自身で運転する時は注意してね。

うわっ

こっわ!!Σ( ̄□ ̄∥
ますます高速乗りたくなくなった・・・
でもまぁ無事で何よりだね。
皆が皆ってのはホント奇跡だよね。
よかったよかった♪

>すずりんさん
いや、ホントおっしゃる通りです。
もっと小規模な事故でも重傷者が出ることもありますし・・・

>しろねさん
安全第一(`・ω・´)
たぶん、この日乗ってた人はみんなこの言葉を胸に誓ったはずです!

>e_yamnekoさん
これでもいちおう、記者を目指してますので(笑)
とっさの出来事に対応できないようじゃ、話になりませんからね。
まぁ、皆が無事だった、ってのが冷静でいられた一番の理由ですね。

>natsu
あれでどこか分かったのか、さすがだ(笑)
“どんな状況下でも感情に流されずまるで機械の如く記録を残す”
ジャーナリストの心得さ

>瑠璃さん
これを奇跡と言わずして、何を奇跡と言う!って感じですよね。
僕は普段、占いだとか神様だとか、非科学的な類はほとんど信じないんですけど、今回に限ってはホント神様に感謝しました・・・

本当に

無事で何よりだったね!!

良かった2(^^;)

神様に感謝だぁぁぁ!!ある意味貴重な体験をしたね★

命があって何よりだよ!!

>ちゃあ
貴重な体験だよね!もう二度と体験したくないけど(笑)
日ごろの行いが良くて良かったよ。

向こうでは100キロちょっとって書いてたけど
120キロくらいでそれで済むなんて・・・

奇跡ってレベルじゃねぇぞ・・・マジで

高速って怖いんだな・・・スピード感がなくなるか
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

しかし余りに落ち着き払って写真まで取ってるとは・・・
記者志望者は違うな・・・そのまま新聞に載せれそうな写真まで撮って・・・

>鬱者
まぁー、みんな無事だってのがすぐわかったからね。
誰か一人でも怪我してたりしてたら、気が動転してたと思うよ。。。

・・・まさか写真に残しているとは。これはひどい・・・


ナンバーは消しておいたほうがいいのでは

>ぼうはて
写真で見ると改めて感じるよな
まぁ、車は廃棄処分だし、いいさ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bulewave.blog70.fc2.com/tb.php/222-8d05d196

 | HOME | 

プロフィール

PIKA

Author:PIKA
好きなもの:オリックス 愛内里菜 FF DQ
好きな数字:24
嫌いなもの:オレのことが嫌いなやつ全員
趣味:スポーツ(特に野球)を見ること

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。