オレログ

基本的に僕が日々感じたことを書きます。あとは野球についても少々

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプライズを演出! 12/24

作戦勝ち!

本日はこの一言に尽きるであろう。
僕は予定通り、2つのサプライズの演出に成功した…。


本日、僕は連れと新宿駅東口にいた。

目的は妹の誕生日プレゼントを買うこと。

「妹のプレゼント何買っていいかわかんないし、妹が好きそうな女性向けのお店には僕1人ではとてもじゃないけど入りづらいから、一緒に選んでくれない?」
と、理由を付けて呼び出していた。

しかし、これはあくまでも表面上の目的。
真の目的は別のところにあった。


13時に集合し、まずはとりあえず昼食をとることに

いつもならパスタ屋なんぞに行くのだが、今日は趣向を変えた!
「いいとこに連れてってあげるよ」
そう言いながら、僕は歌舞伎町奥へとエスコートした。


そして連れて行ったのは・・・




吉野家!


言わずと知れた牛丼チェーン店です。

「吉野家なんてムードもへったくれもないじゃねぇかw」
なんて言う人もいるだろう。

フッ、甘いね。井戸田さんに「あまーーーーーーーーーーい」と言ってもらいたいくらい、甘いね。


吉野家というのは、完全に男の世界。
女性は滅多に入れる空間ではない。

女の子が1人で店内で牛丼を食べてる姿は見たことがない。
ちょっと年齢がいった女性なら見かけることはあるが、それでもたまーにっていう程度。


事実、店の前に着いた時、Tさんは「やだー」っと、拒否反応を示していた。
しかし、ここぞとばかりに
「いいからいいから」
と強引に店内に連れて行く。


「店内ってこんな感じなんだぁ」
「なんでこんな変わった座席の配置になってるの?」
「どうやって注文したらいいの?」
「わっ、はやーい!もう出てきた!!」
「えっ、おいしいじゃん!」


入るのを嫌がってた割には全然楽しそうじゃねぇか・・・


どうでもいいけど、店内で明らかに浮いてたなw
客はほぼ全員男やったもんw


食べ終わって会計した後、
「楽しかった!」

吉野家で豚丼食べて「楽しかった!」だって?

聞くと、店内で食べたのは生まれて初めてだったらしい。

「あんなとこに連れて行ってくれるのは○○(←僕)だけだよ!」
「でも○○以外とだったら入ってなかったけどね」
「てか、○○も私以外の女の子をあそこに連れて行ったりしないでしょw?」
「でも、初めてだったからドキドキした!嬉しかったな♪」
「男の子に連れて行ってもらわないと、ああいう所に入れないもんねぇ」


たった330円でここまで喜ばれるとは、ちょっと想像していた範囲を超えていた。

これが1つ目のサプライズ!



その後、妹の誕生日プレゼントを買うために、ルミネに行った。
しばらく色々なお店を巡っていたが、とてもあそこは男1人で突撃できる空間じゃないよ・・・
突撃したら、勇者と認定します。


たくさん回った中で「私が女友達にプレゼントするなら、絶対ここのにしてるよ!かわいいもん!」
と、豪語するお店に入った。

そのお店は「MARY QUANT
僕は全く知らなかったのだが、女性には人気の有名ブランドらしい。


お店に入り、僕は
「Tさんならどんなのが欲しい?」
「ここにあるのならどれが欲しい?」
「これとこれだったら、どっちが好き?」
「この色とあの色だったら、どっちが好き?」
とひたすら質問していた。

勘のいい人なら、ここで冒頭に言った「真の目的」に感づかれることだろう。


いろいろ質問した中で、「私なら絶対これがいい!色も形も最高!!」
と、妙に関心を示したポーチにめぐり合った。
値段も5000円ちょいとお手ごろ。

それは茶と黒の2色があって、
「私なら断然黒がいいけど、妹さんくらいの年齢(17)なら茶がいいかもね♪」
と教えてくれた。


「よっしゃ、条件もすべて完璧!これしかない!」

と心の中でガッツポーズをした。


「じゃあ、これにするよ」
と言い、茶の商品を左手に取った時、既にもう1つの黒色のポーチを彼女の死角となる右手に隠し持っていた。

そして、会計へ

「それぞれラッピングしてください。でも袋は1つにしてください。」


1つしか商品を買っていないはずなのに、袋2つ持っていたら不自然極まりないからね。


そして、無事茶色のポーチ(と黒色のポーチ)を手に入れ、何食わぬ顔でルミネを後にした。

(ちなみに、このポーチはそれぞれ展示品しか残っていなく、つまり最後の1つだったらしい)


そして、2時間カラオケをして、ミロード内にあるお好み焼き屋さんで夕食。



雑談をしながら、僕はタイミングを待っていた。

あらかた食べ終えた後に、
「今日はホントにありがとうね!Tさんのお陰でいいのが買えたよ!」
と、自ら話を切り出した。


そして、
「はい、これ。だいぶ遅れちゃったけど、お誕生日おめでとう!」
と黒のポーチを差し出した!!



「えっ!!!!!!!!!!!!??????????それ、買ってたの!?」


明らかに驚いてたね。
目がめっちゃ泳いでたもんw

まぁ、無理もない。
僕の妹のために選んでいた商品が、実は自分宛てのプレゼントだったんだからねw

つまりは、自分で自分へのプレゼントを選んでいたということ!
これが2つ目のサプライズ!!

自分が欲しい物を自分から話して、それを貰ったんだから、空振りするはずがありえない!
100%の確率で喜ばれるはず。



これは僕の持論なんだけど、女性は常にドキドキを求めていると思うんだ。

付き合いだした頃のカップルがラブラブなのは相手への愛という形でドキドキが自然発生しているから。

しかし、年月が経つにつれ、ドキドキの自然発生が減り、何も感じなくなってしまう。
つまり、「マンネリ化」するのである。





もし、「マンネリ」気味の方がいらしたら、何か「サプライズ」的なものを起こしてみたらどうでしょうか?

一種のスパイスになるかもしれませんよ。



ただし、僕の行った「吉野家」は、ある程度気心が知れている相手でないと、厳しいかもしれません。。。
スポンサーサイト

うはあ、レベルが違いすぎるわ…
そこまで考えてるなんて凄いわ。まあでも俺はそういうこと考える必要はなさそうだけど…


あ、閣下、誕生日おめでとうございます~

NoTitle

>防波堤くん
ありがと!
さっきお礼のメールがきたんだけど、
「貰った瞬間涙が出そうだったもん」だそうだ。
完璧だ(・∀・)

NoTitle

ちょ!SUGEEEEEEEEEEE!!テラカコヨス!!
吉野家をためらうおにゃのこ…かわうい…(←そっちか!)
そら涙も出るわ!完敗だよ、ああ乾杯だとも!
あ、お誕生日おめでと~。(ついでくさいくてごめんなさい…)

>水兵さん
いえいえ、ありがとうございます(・∀・)
驚かせてやるつもりだったんですが、想像以上に喜んでくれて、逆にこっちが驚いてしまいました(笑)
ああいうのって、女性は嬉しいものなんですかね?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bulewave.blog70.fc2.com/tb.php/166-eeb35ad8

 | HOME | 

プロフィール

PIKA

Author:PIKA
好きなもの:オリックス 愛内里菜 FF DQ
好きな数字:24
嫌いなもの:オレのことが嫌いなやつ全員
趣味:スポーツ(特に野球)を見ること

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。