オレログ

基本的に僕が日々感じたことを書きます。あとは野球についても少々

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男たちが泣いた日 10/13

涙にはさまざまな種類がある。

感動、喜び、悔しさ、同情…


そんな種類の涙が一度に流れた日だっただろう。昨日は。



パリーグプレーオフ2ndステージ2試合目、日本ハムの王手で迎えた13日の金曜日。

もう負けられない試合のマウンドに、ソフトバンクの大エース斉藤和巳が立っていた。

対する日本ハムは、新人王最有力でホークス戦で継投ノーヒット試合を達成したこともある八木が先発。



両者とも素晴らしい内容で9回表まで0行進。



-そして、9回裏にドラマは急展開を迎えた-


先頭打者の森本を、斉藤としては珍しくストレートの四球で出塁させてしまう。

その森本をしっかりバントで送り、1死2塁のサヨナラのチャンス。

続く小笠原は敬遠でセギノールとの勝負を選んだ。


そしてセギノールをきっちり三振で打ち取った。。。
ここまではホークスベンチの思惑通りだった。


2死1塁2塁で対する打者は今期無タイトルながらMVP級の活躍をした稲葉。
しかし稲葉はここまで9打数ノーヒットと元気がなかった。


そして稲葉が打ったセンターに抜けるかという打球をセカンドが好捕し、ショートにトスして、1塁ランナーフォースアウト


が、


無常にも送球がわずかに逸れショート川崎の足がベースから離れてセカンドセーフ。
そしてスタートを切っていた2塁ランナーの森本が俊足を生かしてホームに滑り込む。


森本に気付いた川崎があわててホームへ送球するも、時すでに遅し。
返球より先に森本がホームベースを踏んでいた。


サヨナラフィルダースチョイス


ペナント終盤の激しい首位攻防争いを象徴するような劇的な幕切れだった。


その瞬間、日本ハムのリーグ優勝が決定し、選手をはじめファンの多くが喜びの涙を流していた。


一方、1stステージ同様9回1失点も敗戦投手となってしまった斉藤は、自力で立ち上がれぬ程がっくりと肩を落とし、悔し涙を浮かべマウンドにうずくまっていた。。。



その斉藤をズレータとカブレラが二人で肩を貸しベンチへと引き返していく様は、悲劇のエースの気持ちを汲み取った野球ファンの同情の涙を誘ったことだろう。



これほど多くの種類の涙を一度に引き出せるのはスポーツの他に無いと思う。


様々な種類の涙を一度に流させる-これこそがスポーツというものの醍醐味なのではなかろうか?

そう思った1日だった。




最後になりましたが、日本ハムさんリーグ制覇おめでとうございます!
パリーグ代表として、日本シリーズ制覇をお願いします!
スポンサーサイト

初めまして!こないだはコメントありがとうございまんた!
昨日の試合すごかったですね。最後の小笠原のはホントかなり危なかったですよね!!正直アウトだと思いました。
斉藤が肩支えられてベンチ行ったとこ見たらやっぱ泣きそうになりました。
このまま日本一になってほしい!

>えむモードさん
いやいや、こちらこそ訪問ありがとうね。履歴でアクセスしてブログ見てて、受験時思い出して懐かしくなったからさ
日本一になってほしいね。応援してるよ、パリーグファンの一人としてね

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bulewave.blog70.fc2.com/tb.php/102-40ddcead

 | HOME | 

プロフィール

PIKA

Author:PIKA
好きなもの:オリックス 愛内里菜 FF DQ
好きな数字:24
嫌いなもの:オレのことが嫌いなやつ全員
趣味:スポーツ(特に野球)を見ること

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。