オレログ

基本的に僕が日々感じたことを書きます。あとは野球についても少々

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨折り損の… 12/13

昨晩、某所でチラッと怪我の話になったんだけど、僕は今までに4度骨折している。


足×2 
手×2


って具合に。



そして一番最近なのは、高校2年の時。
体育のサッカーの授業でのことだった。


僕は小学校時代サッカークラブに所属していたこともあって、多少はその辺のやつより自信はあった。
実際、プレーしてもそうだった。



で、その時の様子を。



僕が自軍ゴール前で、ゴール前に突っ立ってるチームメイト達(笑)の一人から、パスを貰う。
ってか、奪った。


「しばらく個人プレーで突っ切った方がいいな」

そう考えて、ドリブルで強引に突破を図る。


ドリブルで上がっていると、目前に、こちらに真っ直ぐ向かってくる一人の敵が見えた。


まぁ、でも、単純に真っ直ぐ来てるだけなので、軽くフェイントかければ問題なくスルーできる




・・・はずだった。



しかし、あろうことかあのバカは僕の目の前で真っ直ぐスライディングしてきやがった!!

奴と僕の距離は数メートルあるかないか。



とっさに避けようと思ったが、避けきれず、奴の足が僕の脛にクリティカルヒット!!!!



そして、そのまま体勢を崩して前転。


しかし、一回転した後すぐ立ち上がり、何事もなかったようにプレー再開。

スライディングしてきた相手は、比較的僕と仲のいい人だったので、
「てめぇ。こんなことしてただで済むと思うなよ(笑)」

なんて冗談を言ってたりした。



それから5分くらい経った頃だろうか。

左手に何か違和感を感じた。


左手が小刻みに震えていて、拳を握ることが出来なかったのだ!!



ようやく異変に気づいた僕は、そのまま先生のところに行って、保健室に行くように言われた。



そして、保健室へ。
保健室のオバちゃんは、僕の左手をちょっと見るなり、すぐさまタクシーを学校に呼んだ。



そのまま、近くの整形外科に直行。


医師の診断結果は・・・




全治三ヶ月!!





そして、ギプスを肩からかけて、左腕を完全固定。。。





悪い冗談だと思った。
確かに、怪我してるのはわかっていたけど、ここまで大事だとは・・・



というのも、場所が悪かったらしい。


手首の付け根にある、外側にちょっと出っ張った部分。
つまり骨の端っこ。


そこが、砕けてたらしい。


骨が修復するのに時間がかかるのはもちろん、手首の付け根だから、固定するのにどうしても腕を固める必要があって、そんな大掛かりなギプスを装着するはめに。



医師曰く、
「何か大きな力が一点にかかったんじゃないかな?」


その一言でわかった。


前転した際に、左手の甲を地面に完全にくっつけて、その上で一回転した。
そのために全体重が左腕一本に集中してしまっていたのだろう。




それが起こったのが、9月半ば。
もちろん、サッカーはもちろん、その後のソフトボールの授業も、ずーっと見学。
つまらん。


さらに、秋分の日にあった高校最後の文化祭も、ギプスで固定した状態で登場。

片腕が使えないんじゃあ戦力にならないので、仕方なく僕は文化祭に来た人の案内役になった。
つまらん。



そのまま予定通りだと、11月を通り越してクリスマスや正月なんかもギプスで固定したまま迎えるところだった。

そこは日ごろの行いがよかったお陰か、11月でギプスを外すことになり、12月初めには完治していた(・∀・)





スポーツってのは、楽しいけど、怪我はつきものだからね。
油断しちゃだめだなー、っと改めて痛感いたしました。



そして、自分の体の弱さもw




スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

PIKA

Author:PIKA
好きなもの:オリックス 愛内里菜 FF DQ
好きな数字:24
嫌いなもの:オレのことが嫌いなやつ全員
趣味:スポーツ(特に野球)を見ること

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。