オレログ

基本的に僕が日々感じたことを書きます。あとは野球についても少々

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女の友情 11/29

これ、永遠のテーマですよね。


人によって色々意見が分かれると思います。


結論から言うと


ありえない



と僕は思う。
0ってわけじゃないかもだけど、限りなく0に近いんじゃないだろうか。



なぜ、急にこんなマジメくさった話をしてるのか。

それは、昨日の深夜、幼馴染のりょう君から届いた1通のメールが発端である。


「オレ、なっちゃんのこと、好きになったかも・・・」


このなっちゃんというのも、僕の幼馴染であって、且つりょう君とも幼馴染なんです。


僕たち3人は幼稚園の年少時のクラスメイト。
3歳からの付き合いだから、もう17年近くになる。

母親がみんな大分の別府出身だったり、全員3つ下の妹か弟が1人いたり、家が近所だったりと、共通点が多くあったことが、家族ぐるみで仲良くなれた大きな要因だと思う。

もはや、全員家族同然である。
他人の家の冷蔵庫を勝手に開けて飲み物とかを物色するなんて、普通だったらできないでしょw


しかし、そんな3人も小学校では微妙な区域分けの関係で、それぞれ別の学校へ
そして、小学校2年の時になっちゃんが東京へ、小学校5年の時にりょう君が北九州へそれぞれ引っ越した。

小学校卒業時には、僕→福岡 りょう君→北九州 なっちゃん→東京 と離れ離れになってしまった。
(まぁ、僕とりょう君はそう離れてないけど)

その結果なっちゃんとは全然会えなくなったけども、りょう君とは夏休み春休みには交互で必ず家族同士で泊まりあっていた。
今でもだけどね。

高校卒業後、りょう君は福岡の大学に、僕は関東の大学に、なっちゃんは福岡の大学に進学。

つまり、僕となっちゃんが入れ違いになった形に。


なっちゃんが福岡に帰ってきたことによって、りょう君となっちゃんが家族共々よく遊ぶようになったようだ。


その結果、今回紹介したメールが来てしまったわけだ。



前置きはここまでにして、
僕、りょう君、なっちゃんの3人は間違いなく、幼馴染であり親友だった。

でもそれは小さい頃の話で、誰かが誰かを『異性』として意識してしまった時点で、もう友情なんてものは存在しなくなる。


『異性』として見てしまった相手に、今までのように、小さい頃のように男女の壁を感じずに接することができるだろうか?

まず、無理だろう。


ってか、僕だったら無理だ。


一旦意識してしまうと、何気ない行動でも気になってしまうものである。



こうなってしまった以上、僕ら3人の友情関係は今までのようにはいかなくなる。

なっちゃんがりょう君のことをどう思っているか知らないが、僕はりょう君のことを全力でバックアップするつもりだ。


もし、ダメだった場合はそれこそ考えたくないような状況になってしまうかもしれないが、うまくいった場合の恩恵の方がはるかに大きいと思う。


小さい頃から知っていて気心も当然知れている。
家族同士で深い親交があるため、家族も当然喜んで応援してくれる。

ぶっちゃけ、そのままゴールインも十分考えられる。



彼氏彼女だとどうかわからないが、結婚のパートナーとしては幼馴染は申し分ない存在なのではなかろうか?


話がもどるけど、男女間の友情ってのはホント成立条件が厳しい。
・互いが互いを信頼しあっている
・一緒にいて気を使わないし、落ち着く
互いに恋愛感情がない

これらを満たすのは、かなり稀だと思う。
特に3つめ

だから、もし、今現在そういう存在がいるのなら、とても貴重な存在なので大切にして欲しいと思う。


繰り返し言おう。



大きくなってからの男女間の友情はレアケース
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

PIKA

Author:PIKA
好きなもの:オリックス 愛内里菜 FF DQ
好きな数字:24
嫌いなもの:オレのことが嫌いなやつ全員
趣味:スポーツ(特に野球)を見ること

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア


FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。